ローズヒップのリース

こんにちは。
26日に、宅配用の箱や、お正月用の椿など、必要なものを買いに、四谷の資材店へ行ってきました。

そこで、1本だけあったローズヒップの枝を見つけました。
買う予定はありませんでしたが、一目惚れでした!!
この枝をどうやって使おうか、いつものように短く切ってリース台につけたくないし。
そのフロアーにある花材をいろいろ見て回り、リースベースに枝を使うことにしました。
それだけでは寂しく、シックな深紅のダリアを合わせることにしました。
それで、出来上がったのが、写真1のシンプルなリース。

リースを作るときは、決めておいた材料を買っても、デザインが決まっていないことが多く、
しばらく側に置いて眺めています。

今回のローズヒップは、すべてイメージが決まっていたので、四谷から帰宅してすぐに
作り、明るいうちに写真まで撮りました。

写真1・・・・ローズヒップのリース
写真2・・・・青りんごとブドウのリース
写真3・・・・青りんごのリース

写真2と3は、少し前に作った青りんごのリース。
ブドウのほうは、リース台15僉青りんごだけのリースは、台が20僖汽ぅ此
青りんごのリースが作りたくて、大きめと小さ目の2種類を用意していました。
花のリースも素敵ですが、フルーツのリースも爽やかで大好きです。

26日は、イチゴを買ってきたので、そのうちイチゴリースを作ります。

ミンネのリース、ブーケはこちらから

ミンネのカレンダー、ポストカードはこちらから

リース ブドウ リンゴ ローズヒップ ダリア 薔薇の実 フラワーリース





at 14:48, Hana-Photo, リース・ブーケ

comments(4), trackbacks(0), -

リボンとリースに使う花

こんばんは。
昼間は30度を超えても、夜になると涼しくなり、本当に秋めいてきました。
<暑さ寒さも彼岸まで>とは、よく言ったものですね。

ところで、今回は、リースやブーケに使う花やリボンなどの話。
まずリボン。
リボンは、東京堂(四谷の資材店)では、切り売りはしないので、すべて1巻単位です。
リボンにより、巻の長さは、5m〜20mとかになります。
クリスマスカラーの極細のリボンは、50m。
よく使うものは何度も買うものもありますが、使いきれないものもたくさんあります。
学生時代に4年間、フラワーアレンジメントを習っていたので、そのころのリボンも
残っているものもあります。
長年にわたって、気に入ったリボンを買ってきているので、数えたことはありませんが、
150巻以上ありそうです。
先週も、四谷に行って、足りなくなりそうなリボンや一目ぼれのリボンを、結局5巻も
買ってしまいました。
こんなにあると、使いたいリボンを探すのが大変で、時々亭主が手伝ってくれます。

それから、リースやブーケに使う花。
フラワーデザインは生花で勉強しましたが、今のリースやブーケは、東京堂で扱っている
高級な造花。
アーティフィシャルフラワーと呼んでいます。
造花と言うと、安っぽいイメージがあるかもしれませんが、バラやラナンキュラスなど
花びらの重なるものは、本当によく出来ています。
夏前には、値段が高いのでどうしようかと迷いつつ、大ぶりなヒマワリを一目ぼれで
買ってしまいました。
素敵と思ってくださる方もいて、このヒマワリのリースは、数個売れました。

あまり使いませんが、生花を加工したプリザーブドフラワー。
こちらは、花の種類が少ないので、今のところあまり使っていません。
それに、繊細なので、発送中のトラブルなども心配でもあります。

秋になると、ドライフラワーのリースをよく作ります。
コーヒーカップの記事の写真は、木の実のドライフラワーが主な素材です。

生の花も好きですが、ハンドメイドでは、こんな花材を使って、いろいろな作品を
作っています。

ミンネのリース、ブーケはこちらから。

ミンネのポストカード、カレンダーはこちらから。

写真
1・・・・・リボン
2・・・・・木馬のリボン
3・・・・・先週買ってきたラナンキュラスのリース
4・・・・・ラナンキュラスの部分を大きく。



リボン リース リース材料 花 造花 アーティフィシャルフラワー ラナンキュラス ピンク 春リース 春 フラワーリース 可愛い キュート

at 20:11, Hana-Photo, リース・ブーケ

comments(4), trackbacks(0), -

花の資材屋さんは、もう秋物に。。。。

こんばんは。
今週のはじめ7月4日に、四谷の資材屋さんへ行ってきました。
カタログに無いお正月用のリースの土台を注文してあったので、早く受け取に行きたかったのです。
ドライバーの亭主が、喉が痛くなったり、腰痛になったりして、行くのが遅くなって、気になって
いました。

資材屋さんでは、6月にはヒマワリが飾ってあった場所は、ハロウィンの材料に置き換わりつつ
ありました。
夏はこれからが本番だと言うのに、早々と秋の材料が出始めていました。
8月の初めには、秋の資材やハロウィン関係はすべて出そろうようです。

コスモスと秋の葉などが欲しいなと、カタログを見ていたので、少し買ってきました。
それで作ったのが、コスモスのリース。
ハロウィンの壁掛けとスクエア型のリース台でも、ハロゥインを作りました。
ハロウィンは、まだ早いので、もう少し経ったら、ミンネなどに出そうと思っています。

話は変わりますが、いつもミンネのアドレスを書いていますが、ブーケは別のアドレスを
取って、Hana Photo 2号店 にしました。

ミンネのHana Photo 2号店(ウェディングブーケやコサージュなど)はこちらから

ミンネのHana Photo 1号店(リース、ポストカード、ミニカード、年賀状、カレンダーなど)
リースをブーケの2号店に移すか、今思案中です。

クリーマはこちらから
*クリーマでは、全部一つのお店で同じものを扱っています。

今回の写真は、
コスモスのリースと新しく作ったウェディングブーケです。
ウェディングブーケの花材は、白のカトレア、アネモネ、アジサイです。
ブートニアは、カトレア1輪と葉を組み合わせました。

コスモス こすもす 秋桜 リース ブーケ ウェディングブーケ ブライダルブーケ カトレア 紫陽花 あじさい アジサイ アネモネ 白 ピンク 秋 ブライダルブーケ 純白 上品 優雅

at 20:46, Hana-Photo, リース・ブーケ

comments(2), trackbacks(0), -

ブーケ

おはようございます。

最近、ハンドメイドでブーケも作っています。
最初は、人が持つサイズではなく、飾るイメージの小さなブーケでした。
そのブーケを、ウエディングブーケとして使いたいという方がいて、人が持てるサイズのブーケも
作り始めました。

学生時代に4年間フラワーデザインを習っていたので、友人の結婚式のブーケ、もちろん自分のブーケも
早起きをして作りました。
花は、造花ではなく、生花なので、作り置きはできませんでした。

そのころは、友人の結婚式には、和服を着ていく友人が多かったのですが、私は、早起きをして
ブーケを作り、式に間に合うようにブーケを届けないといけないので、洋服ばかりでした。
懐かしい昔です。

今は、素敵なアーティフィシャルフラワー(造花)があるので、
  ・海外挙式に持って行ったり、
  ・前撮りをしたり、
  ・思い出のブーケをインテリアにしたり
といろいろできて、便利です。

先週、四谷の資材店で「秋・冬の展示会」があったので、行ってみてきました。
その時に、ウエディングブーケを作る材料を、選んで買ってきました。
あまり迷わずに、白い花3種類 アネモネ、チューリップ、カスミソウを選びました。
チューリップの白は、数本だけ入れ物に入っていて目立ち、最初に選びました。
花によっては、1年中あるとは限らないので、一度調べておかないとと思っています。

ウエディングブーケは、自分が持ちたいと思うブーケ作りが目標です。
アネモネ、チューリップのウエディングブーケは、小ぶりですが、すごく気に入っています。

新郎がつけるブートニアを作る材料を考えていませんでしたが、次回はこちらも準備しようと
思っています。

写真は、
1,2・・・・・今回作ったウェディングブーケ
3・・・・・・依頼されて作ったスズランのウェディングブーケ
4・・・・・・紫陽花のブーケ(こちらは、インテリアとして作った小さ目のブーケ)

ミンネのポストカード、リース、ブーケはこちらから


ブーケ ウェディングブーケ 花束 ウエディングブーケ アネモネ すずらん チューリップ 紫陽花 あじさい アジサイ カスミソウ

at 09:49, Hana-Photo, リース・ブーケ

comments(4), trackbacks(0), -