<< 今年の夏はどこへ? | main | 新しいコーヒーカップ  >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

ヘアカラー

こんばんは。
涼しかった数週間でしたが、昨日あたりから蒸し暑く30度を超す暑さが戻ってきましたね。
こういう風に温度差があると、涼しさに慣れた体になっていて、熱中症には一層気をつけないといけないですね。
まだまだ暑さが続きます。
このブログをご覧になっている皆様、お互いに気をつけましょうね。

ところで、ヘアカラー。
若いころのヘアカラーと違って、年をとってくると、白髪隠しのヘアカラーになります。
少し白髪が出てきたころから、ずっとヘアカラーをしていました。
ここ数年、仕事で人に会うことがだいぶ少なくなってきたので、ヘアカラーを止めようと思いつつ、
今に至っています。

でも、一昨年も、昨年も止めようと思って途中まで頑張りました。
取材を受けないといけないとか、いろいろなことが起きて、美容院へ飛んで行っていました。

昨年の秋に、小学校のクラス会がありました。
とても素敵なグレイヘアーの男性がいて、聞いたところ、理容室で「白髪ぼかし」にしていると。
本人もとても気に入っているようでした。
女性でも、定年後、ヘアカラーを止めたけど、きれいになるには、2年ぐらいかかったこと。
等を聞いてきました。

私のように短い髪だと、夏はチャンスかもしれない、今年こそと思い、前回の美容院ではカットだけ。
その時、いつもの美容師さんにも、ヘアカラーを止めると宣言しました。
昨日、美容院へ行ったら、「自分で染めたと思っていたけど、染めなかったのね」と言われました。

ヘアカラーをし続けていてわからなかったけど、白髪が少ないと、美容師さんに言われました。
もう少しあってもいいのに、とも言われました。
でも、真黒な髪にはしたくない、今はそんな気持ちです。

美容院で、いつまで染めればいいの?と聞く、お客様もたくさんいらっしゃるそうです。
皆さん、迷いは同じなんですね。

今回の写真は、
写真1・・・・お客様からお任せで作った赤いバラをふんだんに使ったリース。
       自画自賛になりますが、華やかで、とても素敵なリースでした。
写真2・・・・最近作ったミモザのリース。大きなリース台で作りました。
写真3・・・・数日前に作ったペッパーベリーと千日紅のリース。

ミンネのリース、ブーケはこちらから

ミンネのポストカード、ミニカードはこちらから


リース フラワーリース バラ ばら 薔薇 赤 赤バラ ミモザ 黄色 ペッパーベリー 千日紅 ピンク センニチコウ せんにちこう 可愛い きれい 華やか

at 21:34, Hana-Photo, 暮らし

comments(4), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 21:34, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment
Hana-Photo, 2017/08/24 7:27 PM

はなこさん、こんばんは。
同じ悩みですね。
今考えているのは、白髪の部分だけグレーにしたいと思っています。
美容師さんが、グレーの色を用意しておいてくれるようです。
また、報告しますね。

はなこ, 2017/08/24 5:47 PM

あー、これは私も大問題です。
汚なくはしていたくないし、1ヶ月持たないカラーはいつも悩みの種です。
hanaさん、決めたのですね!
移行時のカラーがよかったらまた教えてください。
私も止めどきを考えています…。

Hana-Photo, 2017/08/23 10:17 AM

貼箱屋@熊谷さん、こんにちは。
美容院へ行くまでの間に、中途半端な状態が一番嫌なのです。
かといって、いつもきれいにしているのは、大変です。
染めなければ解決?と思っています。
染めてない女性を見ると、あんなふうなのかなとか、今までは自分の髪を想像していました。
黒くしないと決めたので、これからは楽かもしれません。

リースの写真お褒めいただき、嬉しいです!!
リースを作っているときは、とても楽しい時間を過ごしています。

貼箱屋@熊谷, 2017/08/23 8:37 AM

ハナさんこんにちは。
ヘアカラーのお話... やっぱり女性はおっさん達にはわからない様々なところで考えたり悩んだりされてるんですね... ^_^

で、今回のリース。
あ、いや、今回だけではないのですが、ハナさんのリースの写真はまるで3Dの様に浮き上がって立体的に見えるのはホントにスゴイですね。
なにげにとんでもない撮影技術やな... と思います。 それに...
何よりとってもキレイですね...










trackback
url:http://floral-photo.jugem.jp/trackback/489